ワイヤレスマイクってなに?どんなやつ?〜仕組み編〜

どもどもー!音響女子です!!

今回はー!そう!「この間今度書きます」って言ったワイヤレスマイクについて書いていこうと思います(。-ω-)ノ

今回は仕組み編です!

 

そもそも、ワイヤレスマイクってどんなものなのでしょうか?弊社でよく使うワイヤレスマイクは…

 

 

めっちゃ握ってますが笑 こんなやつですね!

wire(線)がless(無い)からwireless(ワイヤレス)

ケーブル(線)がないから自由に動き回れます!

ちなみに、Wikipediaさんによると”ワイヤレスマイク”ってイギリス英語なんだとか。アメリカ英語の場合は”ラジオマイク”らしいです。初耳。。

 

じゃあ有線マイクってどんなの?っていうと?

 

 

こんなのですね!線ついてますね!

これが、いわゆる“有線マイク”。ここ最近はカラオケも増えて、アーティスト様もワイヤレスが主流になりつつあるので、もしかしたら「マイク」と言われたらワイヤレスマイクをご想像する方が多いかもしれませんが、通常はこのようなものなのです。

ちなみにワイヤレスマイクのほうが基本的に高価。お値段は機器の性能や、帯域によって異なります。

 

では、ワイヤレスはどうやって音が出るものなのか??

簡単に基本的な仕組みをざっくり説明いたします!!

 

こちらがマイク本体。

まずしゃべるとマイクに音声が入ります。

 

その音声を、このマイクくんが音声を電波に変換して、音声を送ってくれます!!マイクくんは送信機の役割も担っているんですね!そしてその受取先は・・・・

 

こちら。受信機くんです!

受信機くんはマイクくんが送った電波をキャッチして、電波を音声に変換してくれるんです!!

ここからミキサーやスピーカーに接続して音が出る。という仕組みです。

 

ワイヤレスマイクは、マイク本体の”送信機”と、電波を受け取る”受信機”の2つで1セットになります。

どちら片方だけでは音が出ません!!

ちなみに、”送信機”と”受信機”は、”トランスミッター”と”レシーバー”とも呼ばれます。

電波を変換して音声を送るので、ワイヤレスで一番我々の身近な物といったら携帯電話ではないでしょうか?携帯に線をつなげる時は、充電するときか、データを移動するときか、ぐらいですもんね。基本的には無線です。

 

そしてワイヤレスは種類も様々。

今写真に出てきたものはハンドマイクタイプのワイヤレス。PAで使うワイヤレスは他にも・・・・

 

 

ピンマイクのワイヤレス・システムや・・・・

 

 

ヘッドセットのワイヤレス・システム・・・・

 

他にも、エレキギターやエレキベースなどで使用されるワイヤレス・システムや、ノンイヤーモニター、いわゆるイヤモニもワイヤレス・システムです!

 

 

いろいろ種類がありますね!コレ全部ワイヤレスです(・∀・)

 

実はこんなに機能の種類があるワイヤレスですが、

性能にも種類があります。

先ほど、「携帯電話もワイヤレスという種類に入る」というお話をしましたが、ワイヤレスは電波を使うのです。その電波の周波数別に種類があるんです!

次回はその電波の周波数の種類について!初の続編!!よろしくお願いいたしまっす!!

ぬぬーん・ω・