イベント用電子ピアノレンタル

電子ピアノレンタルの予備知識


電子ピアノの仕組み

グランドピアノやアップライトピアノは、鍵盤を押す事によりハンマーが弦を叩き、音が出ます。
これに対し、電子ピアノには弦はありません。
その為、調律も必要ありません。

「音源」と呼ばれる「音のデジタルデータ」が内蔵されていて、鍵盤を押す事によりスピーカーを鳴らす信号が出力されます。
電子ピアノにおいての鍵盤は、「内蔵音源を鳴らすスイッチ」と言えます。

ペダルは、「ダンパーのみ」を備えている場合が普通です。


内蔵スピーカーの有無

"ピアノ本体にスピーカーが内蔵されている"
一般的には、これが常識だと思いますが、

コンサートでの使用を主目的としたプロユース機は、
スピーカーが内蔵されていない事が普通です。

コンサート現場では、PA(音響システム)に接続して音を出したり、
状況に応じて、高性能のキーボードアンプ(アンプ内蔵スピーカー)を使う為です。

キーボードアンプ込みのお得なセット YAMAHA 電子ピアノセットレンタル 運搬料込み:23,000円〜
電子ピアノセット


ピアノの性能・グレード

電子ピアノの性能・グレードを決める主な要素、3点をご紹介します。

  • 鍵盤の質
    重さやはね返りなどが、
    グランドピアノに近いかどうか?
    「好み」に合うかどうか?
    です。木製鍵盤を備えた機種も存在します。当然、タッチは本物のピアノに近くなりますが、本体はもの凄く重くなります。
  • 内蔵音源の質
    サンプリングやデジタル変換の技術による部分が大きいので、新しい機種ほど音が良くなる傾向があります。
  • 内蔵音源の種類・数や機能
    「ピアノ」と言っても、ピアノの音しか入っていないという事はまずありません。
    シンプルな機種でも「オルガン、ハープシコード系、ストリングス系」は、だいたい入っています。

    サウンドドッグで扱うレンタル機種で、このシンプルな機種にあたるのは、
    P-90です。

    音がたくさん入っているものは、「ギター・ベース・ストリングス、管楽器等」の様々な楽器が入っているだけでなく、楽器ごとにさらにたくさんの種類が入っています。
    (例えば、オルガンだけでも、ジャズオルガン、パイプオルガン、チャーチオルガン等)
    また、自分で音色のプログラムができたりと、より高い要求に応えられるようになっています。

    サウンドドッグで扱うレンタル機種で、これに該当するのは、CP50 や RD700 です。
    CP50


その他の機能

  • ピッチ変更
    基準値(A)を441や442など、自由に変更する機能
  • トランスポーズ  
    キーを変える機能
  • リバーブ  
    ホールのような響きを加える機能

    は、基本機能として備えています。

電子ピアノレンタル

サウンドドッグでは、質の高いプロユース機ながらも「できる限り軽量タイプの機種」を使用しています。
軽量と言ってもケース含め20kg前後ありますが、 いざとなれば「持ち上げて階段を上がれる」事が条件です。

新宿発のサービスの為、都心地域でのレンタルご利用が大変に多くなっています。
銀座・丸の内・青山・表参道・赤坂などの地域にあるビルや建物は、通路の幅やエレベーターサイズを含め、搬入出経路が過酷な場合が多いです。車を停められる場所が、現場から少し離れた場所になってしまう場合もあれば、荷捌き場がビルの地下深く、という場合もあります。

どんな場所でも確実にレンタルを遂行する為、その他にも様々な工夫をしています。


呼び方

電子ピアノは、
・デジタルピアノ
・エレピ (エレクトリックピアノの略)
・ステージピアノ
とも呼ばれます。

ポップスやロック、バンド系の世界では、「エレピ」と呼ばれる確率が限りなく高いです。


サウンドドッグ
サウンドドッグ
Address:
東京都新宿区余丁町14-5
ミュージカルドッグビル
Phone:
03-3351-7650
(株)ミュージカルドッグスタジオ内
Twitter Feed